小顔効果を長続きさせる

男性医師

アフターケアを大切に

エラボトックスで小顔効果が続く期間には、かなりの個人差があります。早い人では施術後2日目ぐらいから効果を実感できますが、1?2週間かけてゆっくりと効いてくる人もいます。効果は2?3か月ぐらいでピークに達し、その後は徐々に薄れてきます。おおむね4?6か月で効果がなくなりますが、長ければ1年ぐらい続く人もいるようです。とはいえいずれは切れてしまうので、持続させるには繰り返して施術を受けることが大切です。ボトックスを注射すると体内に抗体ができるため、何度も繰り返すと少しずつ効き目が弱くなると言われています。しかし普通とは反対に、効き目が長続きする方もいます。これは使わなくなった筋肉そのものが痩せてくるためと考えられます。また抗体ができにくい薬剤を取り扱っているクリニックもあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。エラボトックスの効き目は筋肉量と注射量の兼ね合いで決まります。エラの筋肉が発達している方は、多めに注射する必要があります。大量に注射するほど長続きすると考えるかもしれませんが、多すぎると顎に力が入らなくなる等の副作用が起きる恐れがあります。まとめて注射するのではなく、適量をこまめに注射するようにしてください。エラボトックスで副作用を起こさないためには、施術後のアフターケアが大切です。ボトックスの薬剤が目的の筋肉にしっかりと浸透するまで、むやみに触らないようにする必要があります。施術後2?3日ぐらいの間は、普通に洗顔する程度なら構いませんが、患部をゴシゴシ擦ったりマッサージしたりするのは避けてください。薬剤が他の部分にまで広がってしまい、目的の筋肉に十分な効果が出なかったり、関係ない筋肉が麻痺したりする可能性があります。同様の理由から激しい運動をしたり、うつぶせ寝などで患部を強く圧迫したりするのも良くありません。そのほかサウナや飲酒・喫煙なども控えたほうがよいでしょう。エラボトックスの施術後に物を食べるとき、少し違和感を覚えることもありますが、しばらくすれば慣れてきます。違和感を気にしすぎて、無理やり顎を動かしたり硬いものを噛んだりしないでください。ボトックスは筋肉を弛緩させる作用があるので、普段と違う感じがするのは当然のことです。このとき無理に筋肉を動かすと、せっかく緩んだ筋肉が再び緊張して、効果がなくなってしまう可能性があります。こうした注意点さえ守れば、ボトックスのエラ縮小効果は最大限に発揮されるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス効果は絶大!ほっそり小顔に【明らかに小さく変化】 All Rights Reserved.