シワが気になる人へ

注射

シワにあった美容医療

年を取るとできるのがシワというのが一般的な認識としてありますが、実はシワにもいくつかの種類があります。クリニックで若返りの美容医療を受けるなら、なくしたいシワの種類にあった施術を受けることが大切です。老け顔に見られやすいのがほうれい線です。ほうれい線は小鼻から顎にかけてできるシワで、できる原因は頬の脂肪のたるみです。美容医療でほうれい線をなくしたいなら、シワを埋める補填剤を注入するフィラー注射が効果的です。フィラー注射にはコラーゲン注射やヒアルロン酸注射などがあり、施術をしてすぐに効果があります。目を細めたり笑ったりしたときにできやすいのが目じりの小ジワです。目じりの小ジワは、表情筋という脂肪を支えている筋肉が作り出すものです。そのため、フィラー注射よりも表情筋に作用するボトックス注射のほうが向いています。ボトックス注射は表情筋をはじめとして様々な筋肉に効果がある美容医療です。フィラー注射と違い、たるみではなく表情ジワを消す効果があるというのがポイントです。目じりの小ジワの他にも眉間の縦ジワにも効果があります。また、表皮に近い真皮層に注射することで肌を美しくするマイクロ・ボトックスという施術もあります。これによって加齢や乾燥などが原因で劣化した肌が蘇り、ハリや艶が出て化粧のノリがアップします。ほとんど例外なくどんな美容医療でも日帰りで受けることが可能です。施術の際には、初回カウンセリング→診療→施術→医療費の支払いという流れとなるのが基本です。やってから後悔しないために大事なことは、時間をかけてカウンセリングをすることです。カウンセリングをいい加減にすると納得した効果が得られないことがあるので注意が必要です。逆に丁寧にカウンセリングをすることによって、担当する医師との信頼関係が築けるし、結果的に満足のいく効果が得られます。ボトックス注射などの美容医療は注射だけなので、初回カウンセリングした当日に日帰りで施術を受けることができます。施術をする前に確認しておきたいのが施術料金です。ホームページの料金表に「ボトックス一本1万円」と記載されてあっても、実際はシワの状態によって2本以上使う場合もあります。施術が終わってから予想以上の料金を請求されて焦らないように、事前に施術の見積もり書を提出してもらうことが大切です。もう一つ確認しておくべきなのがアフターケアに関してです。美容医療の場合抜糸などはないので通院をする必要はないです。しかし初めての施術だと何かと不安が付きまとうものなので、定期的に経過観察をしてくれるクリニックなら安心です。

Copyright© 2018 ボトックス効果は絶大!ほっそり小顔に【明らかに小さく変化】 All Rights Reserved.